新しい色を見つける

いつかイラスト制作に携わりたいと考えているのであれば、日ごろからイラストの色づかいには細心の注意を払っておくべきでしょう。なぜなら、人は、どうしても自分の得意な色や表現ばかり使ってしまいがちですが、「仕事」にしたいと考えているのであれば、それはマイナスポイントになりかねないからです。

いつもはあまり使わない色づかいにチャレンジしてみることは、表現の幅を広げてくれます。同じ線画であっても、使う色を変えるだけで、ずいぶんと違う景色に見えたり、違うキャラクターに見えたりするものです。ですから、将来イラストレーターになりたいと考えているのであれば、得意な色づかいだけでなく、苦手な色をあえて使ったイラストを制作してみることをお勧めします。そうして使ってみると、案外、自分の作風に合う新しい色が見つかったりするものです。同系色でまとめるだけでは意外性がなく単調になりがちなイラストも、色を大胆に取り入れることで人目を惹く新鮮な作品になることがあるように、日ごろ使わない色や苦手としている色を使ってみることはとても大切なことでもあるのです。

近年、需要が高いのはゲーム用のイラスト制作に携わるイラストレーターですが、スマホゲームなどの場合では多くのキャラクターが登場することから、埋没してしまうことのない、華やかで人目を惹くキャラクターにいかにして仕上げるかがイラストレーターの腕の見せどころだと言えるでしょう。そのためには、苦手だからと敬遠するのではなく、多種多様な色づかいにチャレンジしてゆくべきなのです。

新しい色を見つけることは、イラスト制作者としての腕を磨くことであり、寿命を延ばすことでもあります。ですから、将来イラスト制作に携わりたいと考えているのであれば、いまから様々な色に親しみ、表現の幅を広げる努力をしておくことをお勧めします。それが、イラストレーターとして長く成功するためには大切なコツなのだということを心に留めておいてください。