自信をつけることが大切

イラスト制作を仕事にしたいと考えていたにもかかわらず、その望みが叶った途端、「仕事をしたくない」と思ってしまった人もいるのではないでしょうか。それはアマチュアのうちに自分のペースをつかむ努力をしてこなかったことが原因であり、自分の能力を過信していたからでもあるでしょう。

「間に合うだろうか」「これでOKがもらえるだろうか」という不安を抱えながら仕事をしていると、「仕事をしたくない」「逃げ出してしまいたい」と思うのです。そうした人には、空き時間を使って様々なサイズのイラストを描いてみることをお勧めします。それを続けていると、自分の制作ペースをつかむことができるようになりますし、自分の能力を知ることもできるでしょう。そうすれば、仕事で無理をせずに心に余裕を持つこともできるようになるはずです。

慣れてきたら、今度は、以前より短い期間を設定して、同じように作品を描いてみることをお勧めします。その際には、「できる」という気持ちで臨むことが大切です。こうしたチャレンジを繰り返すうちに、ペースは少しずつ早まってきますし、自信もついてくるので、様々な仕事に挑戦してみようという気持ちも湧いてくることでしょう。ゲーム用のイラスト制作などは現代の花形職業ではありますが、納期はあまり余裕がないので、もしそのような業界でイラスト制作に携わりたいと考えているのであれば、アマチュアのうちからペースをつかむための努力をしておくことが大切です。日頃から練習を繰り返すことで「できる」という自信を養うことも重要なポイントでしょう。

この場合大切なのは、身につけるべきはあくまでも「自信」であって、「うぬぼれ」であってはならないということです。根拠のない自信、つまり「うぬぼれ」の場合、一歩間違えば小さな失敗から自信の喪失につながりかねません。努力を積み重ねた結果、得ることができる「確たる自信」を身につけることが大切であり、そうすることこそが、仕事に対する嫌悪感を軽減してくれるのだということを覚えておきましょう。