イラスト制作でプロになる

個性を伸ばす

もしあなたが「イラストレーターになりたい」と考えているのであれば、自分がどんなイラスト制作に向いているのかについて知っておいた方がいいでしょう。背景などの世界観を描くことに長けているのか、デフォルメキャラクターなどの特徴をつかんで描くことに長けているのかなど、自分が描くイラストの個性や作風が把握できたら、その長所を伸ばす努力をすることをお勧めします。

誰もがきれいだと感心するような素敵な絵を描く人は大勢います。イラストレーターとして仕事がしたいのであれば、自分だけの個性を伸ばし、インパクトのあるイラストを描くことが大切です。もちろん、誰が見てもきれいだと思うようなイラストを制作することができるイラストレーターも必要なのですが、近年需要が高まっているゲーム用のイラスト制作に携わりたいのであれば、個性的な作風であった方が有利だといえるでしょう。

とはいえ、「自分はゲーム用のイラストを制作したいわけではない」という人も中にいるかもしれませんが、イラストレーターとして活躍したいのであれば、まずはゲーム用のイラスト制作者になることをお勧めします。世代を問わずに利用者が多いゲーム用のイラスト制作で成功すれば、仕事のオファーは必ず増えます。自分がやりたい仕事を得るためには、知名度は必要ですし、経験も大切です。たとえ目指す場所がゲーム用のイラスト制作者ではないとしても、まずはそこを目指すべきなのです。そこでの経験は、いずれ必ずあなたのやりたい仕事にとってプラスになることでしょう。

個性を伸ばすことは、人目を惹く武器を手に入れるということでもあります。だからこそ、まずはたくさんのイラストを描いて、自分の個性がどこにあるのかを知ることが大切なのです。それを足掛かりに、まずは自分の「したい仕事」の世界へ一歩踏み出してみましょう。「自分の望んだ道じゃないから」とその一歩を踏み出さずにいれば、やりたい仕事へと続く道も選べないということを、ぜひ覚えておいてください。